定番?「Yesの法則」

ぽっちゃり女性はふっくらとしたかわいらしさが魅力ですね。
それは40代になっても変わらないどころか、今や空前の熟女ブーム。
40代ぽっちゃり女性こそターゲットだという男性も少なくありません。
しかし年齢的に結婚や家庭がちらつきますから、なかなか簡単に彼女になってくれないようなイメージもあるのではないでしょうか。
ですがちょっとしたテクニックで、デートに誘えるかもしれません。

1)「Yesの法則」

心理学でも実証されているとのことですが、会話の中で連続して「はい、うん、そうだね」のような「肯定」的な返答をしていくうちに、相手に好意を抱いてしまうというものです。
恋愛テクニックとしてだけでなく、ビジネスなどでも応用ができそうですね。

2)勝負の「6回目」

肯定的に返答をしていくうちに好意のレベルは上がってくるのですが、あまりだらだらと単調な質問ばかりでもいけません。
5回目までが前振りで、6回目に最も重要なお願いをすると効果的だといいます。

居酒屋デートに誘う」というミッションならば、「晴れたね」などから始まり<「お酒吞める?」「日本酒とか飲める?」「あそこに居酒屋があったね?」など「はい、うん」とだけ答えるようなカンタンな質問を続けていき、最後に「じゃ、今度あの店に呑みに行こうか」と聞く訳です。 このような心理的なテクニックは意外な程効果がありますが、それから本当に彼女になってくれるかどうかははここからの頑張りにかかっています。

ぽっちゃり女性を告白してからじわじわ好きにさせる

ぽっちゃり女性には、ちょっとした食べ過ぎを自分に許してしまう意志の弱さ、流されやすさという性格があります。
バリバリ仕事をこなしながらもこのような不完全な一面があるのは、可愛らしさを感じさせるポイントになりますね。
ぽっちゃり女性を彼女にしようと思ったら、こういう性格も念頭に、このようなテクニックもあります。

1)告白したもの勝ち

意識していなかった相手でも、告白された後で急に気になりだす、ということがあるのは「親和欲求」という本能から証明されています。
「好き」という気持ちを何らかの形で伝えるのにはかなりの効果があるのです。

2)普通は断られる

しかしながら、告白された瞬間にはまだその気持ちに達していないので、「そんなふうに思ったことがない」などの理由で断られることでしょう。告白された後からだんだん気になっていくというものですから、勝負はその後です。ですから逆に、最初の告白はあまり深刻な雰囲気に持っていかないこと、断られても深刻に受け止めないこと、どうせ断られるからといって不真面目な告白はしないこと、以上を心得ておくことが必要です。

3)告白以後で様子が変わる

もちろんオッケーならそれに越したことはありませんが、当然のように断られたとして、それからもおしゃべりしたりメールしたりと関係を維持していくと、少しずつあなたへの接し方が変わってくるのが分かることでしょう。

友達から彼女に転身してもらうにはそれなりの時間が必要になりますから、焦らずやってみましょう。

LINEの友達リストから友達が消えた理由

『友達リスト』から友達が消えた?

LINEを利用していると、旧知の知り合いとの縁が復活したり、見知らぬ人とも友人関係になったりする事が度々あるようです。それはおそらく携帯電話内の情報から、LINE利用者をピックアップするという機能が良くも悪くも大きく関係しているのでは無いかと思われます。この機能は利用者の意思にほぼ関係無く強制的に働きますので、人によってはありがたいのだろうし、またある人によっては迷惑であるのも事実でしょう。

LINEでは、そうして携帯電話内の情報を元に出来上がったLINE利用者の名簿を、『友達リスト』と呼んでいます。しかし、これは携帯電話の電話帳などを基本に組み上がっているので、友達と呼べない人まで『友達』になってしまっているという困ったものです。ある意味その強引さが人気の一つになっているかも知れません。

そんな『友達リスト』ですが、友達だと言えない人がいる一方、親友と言っても過言ではない人も同時に存在する筈ですね。

しかし、この本当の友達が『友達リスト』から消えてしまうといった事例があります。果たしてそれはどういった原因で起きてしまうのでしょうか。

消えてしまう主な原因

この原因は至って単純です。そのリストから名前が無くなってしまった友達のアカウントが消えているのです。つまりLINEから退会した状態になっているのですね。『友達リスト』に名前が載るのは、あくまでLINE利用者のみですから、LINEを止めたのであればリストから名前が消えてしまっていても何ら不思議ではありません。その友達は何らかの理由によってLINEを止めてしまったのでしょう。

LINE以外で連絡方法のある方は聞いてみるといいでしょう。おそらく上記のようにLINEを止めている筈です。LINE以外での連絡方法が無いという方は仕方がありませんが大人しく諦めましょう。もしかしたらひょっこりと帰ってくる可能性も捨て切れませんので、希望だけはどうか捨てないで下さい。

ツーショットダイヤルが営業を続けていける理由とは

◇ツーショットダイヤルで電話エッチ

ツーショットダイヤルの醍醐味は、出会いを探しつつ、電話エッチを楽しむことです。電話エッチ、これは簡単に言えば、電話でするセックスのことですね。エッチな会話をして、互いに気持ちよくなろうというものです。

ツーショットダイヤルには、様々なジャンルがあり、SM系とか、熟女系とか、男性のあらゆる性癖をカバーしています。たとえばパチンコ雑誌の後ろのほうにあるページを見てみてください。水着姿の女性がポーズをとっているでしょう。そこに、痴女とか、M女とか、ジャンルが書かれているはずです。あなたは、自分の好きなチャンネルに電話をかけて、女性との、そういうエッチな会話を楽しむんですね。

が、ここで疑問が湧いてきます。
どうしてジャンル分けをすることが可能なのか?

だって、そこを利用している女性は、みんな素人のはずです。このチャンネルを使うときはM女で、このチャンネルは何歳以上限定で、みたいに、ツーショットダイヤル経営者が素人に何かをお願いして、しかも素人がそれに従い、ジャンル通りの会話をしてくれるとは、到底思えません。

というより、そんな面倒なことをやらされるのなら、出会い系サイトを使うか、ネット掲示板で電話エッチの相手を探すかします。女性は、セックスフレンドをつくるのが簡単だということは、みなさんもう知っていることかと思います。男友達でも、そのへんを歩いている男でも、タダでセックスさせてあげると言えば、おそらく十分とかからずに相手が見つかることでしょう。

それは、電話エッチの相手を探す場合でも同じです。彼女らは、ツーショットダイヤルを使わなくとも、簡単に、電話エッチの相手を見つけることができるんですね。

だとすれば、ジャンルごとにその役目を果たさなければならないツーショットダイヤルなど、使う意味がありません。自分で相手を見つけて、その日の気分で、男の子を責めたり、責められたり、色々やればいいだけです。では、どうしてツーショットダイヤルは、素人女性がそういった状況にあるにも関わらず、成り立っているのでしょうか。

◇ほとんどがオペレーター

ツーショットダイヤルに電話をかけたとき、それに出るのはほとんどがオペレーターです。これは、出会い系サイトでいうサクラと同じようなもので、素人女性としてあなたと会話をしますから、オペレーターであることはわかりません。また彼女らは、会社に雇われた人間ですから、会える可能性もゼロです。

オペレーターが、そのジャンルの特色に合ったキャラクターを演じ、男性らと、進んでエッチな会話をしているからこそ、ツーショットダイヤルはひとつの商売として成り立っているんですね。彼女らがいなければ、ツーショットダイヤルは営業を続けていかれないでしょう。

なぜなら、それほどまでに、女性の会員が少ないからです。これは出会い系サイトでも同じですが、女性はわざわざ出会い系サイトやツーショットダイヤルを使わなくとも、エッチなことをする相手を見つけられるので、両者とも、どうしても、女性会員を獲得するのが難しいんですね。

そうなると、電話を使ったサービスの場合、ひとりの女性が、何人もの男性をいっぺんに相手することは不可能ですから、待ち時間の長さに嫌気がさした男性らは、そのチャンネルを離れていってしまいます。そうすると当然サイトの利益は減少し、営業することが難しくなります。

出会い系サイトも、ツーショットダイヤルも、男性から得たお金で経営していますから、男性会員を他へやるわけにはいかないのです。そこで、オペレーターを使って、素人女性ではまかないきれないぶんを、そのオペレーターたちで相手しているのです。

つまりツーショットダイヤルはほとんど、オペレーターとエッチな会話をする場所といえる、というわけです。我々男性にとっては、悲しい現実ですね。

LINEで友達リストから非表示にする方法

友達リストから外したい場合

貴方はLINEをよく使う方ですか? それともあまり使わない方でしょうか? 中には全く利用した事が無いという方もいらっしゃるでしょう。LINEとは通話、チャット機能などを複合した総合的アプリです。その利便性の高さから様々な人々に支持され、その勢いや止まる事を知りません。

そんなLINEですが、利用する際には電話帳の中から同じくLINEを使っている人を自動的に探し出して、登録出来る機能があります。いちいち使っているのか使っていないのか聞かなくて済むので便利ではあるのですが、同時にあまり『友達』とは言えない人物まで登録してしまう場合があります。大して話した事が無いのに『友達』と言われても、何だか言葉を押し付けられているようですよね。

親しくも無いけれど、大っぴらに拒否する理由も無い――そんな時は友達リストを活用してみましょう。友達リストには、先程の電話帳の情報から割り出したLINEユーザーが登録されています。簡単な操作だけでそこから『友達』と呼べない方を外す事も出来るのです。

手順としてはしつこいようですが単純で、友達リストから外したい人物を選び、下のボタンを押します。ボタンはブロックと非表示の二種類があり、画面正面から左の赤いボタンが『ブロック』、右の黒っぽい灰色のボタンが『非表示』となっています。ここでブロックの方を押してはいけません。押してしまうと、相手を完全に拒否してしまう事になります。友達リストから外したいだけなのなら、左の非表示のボタンを押しましょう。最後に確認すれば選択した人物はリストから外れている筈です。

また、何らかの理由によってリストに再び登録したい場合は、設定から友達管理を選び、非表示リストを選択しましょう。そこで目当ての人物の再表示の欄をタップすれば、再び友達リストに登録されている状態になります。

最後ですが、友達リストから除外されている相手からの着信や、メッセージは除外する前と同じように受信可能です。実の所、リストから外してもあまり意味は無かったりします。なので、あまりそういう事を気にしないという方は最初から弄らない方が後々の人間関係にとって良いのかも知れません。