LINEで友達リストから非表示にする方法

友達リストから外したい場合

貴方はLINEをよく使う方ですか? それともあまり使わない方でしょうか? 中には全く利用した事が無いという方もいらっしゃるでしょう。LINEとは通話、チャット機能などを複合した総合的アプリです。その利便性の高さから様々な人々に支持され、その勢いや止まる事を知りません。

そんなLINEですが、利用する際には電話帳の中から同じくLINEを使っている人を自動的に探し出して、登録出来る機能があります。いちいち使っているのか使っていないのか聞かなくて済むので便利ではあるのですが、同時にあまり『友達』とは言えない人物まで登録してしまう場合があります。大して話した事が無いのに『友達』と言われても、何だか言葉を押し付けられているようですよね。

親しくも無いけれど、大っぴらに拒否する理由も無い――そんな時は友達リストを活用してみましょう。友達リストには、先程の電話帳の情報から割り出したLINEユーザーが登録されています。簡単な操作だけでそこから『友達』と呼べない方を外す事も出来るのです。

手順としてはしつこいようですが単純で、友達リストから外したい人物を選び、下のボタンを押します。ボタンはブロックと非表示の二種類があり、画面正面から左の赤いボタンが『ブロック』、右の黒っぽい灰色のボタンが『非表示』となっています。ここでブロックの方を押してはいけません。押してしまうと、相手を完全に拒否してしまう事になります。友達リストから外したいだけなのなら、左の非表示のボタンを押しましょう。最後に確認すれば選択した人物はリストから外れている筈です。

また、何らかの理由によってリストに再び登録したい場合は、設定から友達管理を選び、非表示リストを選択しましょう。そこで目当ての人物の再表示の欄をタップすれば、再び友達リストに登録されている状態になります。

最後ですが、友達リストから除外されている相手からの着信や、メッセージは除外する前と同じように受信可能です。実の所、リストから外してもあまり意味は無かったりします。なので、あまりそういう事を気にしないという方は最初から弄らない方が後々の人間関係にとって良いのかも知れません。